BRUTUS「古着好き。」特集

IMG_0789_1_trm

 

Edit /Styling /Interview /Text Writing


Cliant:マガジンハウス
Interview&Text:ADO ISHINO(E)

大量生産、大量消費時代におけるカウンター。
今一度古着の魅力を見直す1冊。BRUTUS『古着好き。』

その中のコンテンツ「リサイクルはさらにクリエイティブに。無限の可能性を秘めたリメイクの世界」
担当させていただきました。

ネペンテス代表・清水慶三さんが手がけるブランド
<リビルド バイ ニードルズ>。

世界中を駆け巡る洋服探しの旅の中で見つけてきた古着たち。
それらは質の高いマスプロダクトとして作られながらも
時代の変化によって取り残されてしまいました。
今でも大量にストックされているそれらの中から
絶対的審美眼を以て選び、解体し、パターンから引き直し、再度縫製。
そしてリビルド(再構築)する。

“リメイク”ではなく、“リビルド”。

「プロの洋服屋として」

その哲学が惜しみなく注入されている<リビルド バイ ニードルズ>の洋服は
コレクションブランドと並んでもまったく遜色なき存在感。

7枚のシャツをカットして1枚に。で、異なる顔のシャツがさらに7枚できる。
オーバーサイズのミリタリーパンツのパーツを生かしたラペルドジャケット。
セーラーパンツがコートに。

インパクトが先行しがちなリメイクの世界ですが
“抜きどころ”がやっぱり素晴らしいなと撮影しながら試着し、唸っておりました。

IMG_0804_1 2

Pocket

Share